長野市栗田933-9
TEL 026-229-8123
E-mail:yamamoto@asset50.com

アセット50

長野市、千曲市、須坂市、中野市とその周辺の土地・建物の売買から土地活用など、長野の不動産のことなら「アセット50」にお任せください。

不動産買取 専門サイト

不動産について、疑問や悩み事はございませんか。
 
私の建物や土地はいくらになるの?
無料査定 しています。
お気軽にクリック!
買取に関するQ&A よくあるご質問にお答えします。
不動産の買取に関するご相談を承っております。
何でも
お問い合わせください。

TEL 026-229-8123
買取による売却の諸手続き
ご自分の不動産を売却する時には、まず幾らで売れるだろうかと誰しも考えます。 次に売却までの手続きなどの煩雑さを思い至るかもしれません。 失敗しない不動産売却のために、アセット50では、皆様に安心して売却を進めていただけるよう、税金対策から申告まできめ細やかにお手伝いをさせていただきます。
1 売却のご相談
不動産の売り方には、通常2種類あります。買取と仲介です。 ……続きを読む。
買取
不動産会社が不動産を直接買い取ります。 すぐに現金化できる、近所に知られずに売却できる、仲介手数料が不要、瑕疵担保責任が免責されるというメリットがあります。
仲介
不動産会社が不動産を買いたい人との仲介を行い、不動産会社とは媒介契約を結びます。 メリットは、買取制度よりも高く売却できるケースが多いという点です。
この場合、仲介手数料が発生します。
(400万円を超える物件の仲介手数料は、売却金額の3%+6万円です。)
買取に掛かる費用
土地・建物など不動産の売却時には、売買契約書に貼付する印紙代や登記などの諸費用がかかります。 ……続きを読む。
主な費用
印紙代 (売買契約書に貼付)
登記費用 (必要に応じて、住所変更・抵当権抹消登記の費用、司法書士への報酬)
不動産譲渡所得税 (不動産を売却した際に売却利益がある場合)
住民税 (不動産を売却した際に売却利益がある場合)
測量・分筆登記費用 (境界の確定や土地を切り売りする場合)
その他、引越し費用や不要品の処分費用等
不動産を売却したときに得た利益を譲渡所得といいます。 不動産譲渡所得税など、売却時に掛かる費用の概算を計算してお知らせします。
不動産譲渡所得に対する税金は、不動産の金額が大きいだけに税額も馬鹿になりません。 不動産売却で失敗しない為には、事前に売却に伴う税金の計算をして、可能であれば節税対策をしましょう。 場合によっては税理士などの専門家と相談しながら進めます。
建物で、住宅ローンが残っている場合は、住宅ローンの残高を売却金額から差し引きます。 借り入れの残債がある場合は、残っている債務金額をご確認ください。
売却についての問題点
相続、税金、境界のトラブルなど売却に当って問題点があればご相談ください。
当社が提携している税理士や司法書士などの専門家と共に解決にあたります。
買取保証
買取保証とは、仲介で一定期間内に物件の売却ができなかった場合に、仲介を依頼した不動産会社が、あらかじめ決めた価格でその物件を買い取ることをいいます。 ……続きを読む。
既に買い換え物件が決まっているなどの理由で、一定期間内に必ず物件を売却しなければならない場合に利用します。
買取保証を利用した場合の買取価格は、物件ごとに個別に決められますが、一般的には査定価格より低くなります。どの程度の価格水準になるのかは、事前に確認ください。
お問い合わせ・ご相談
売却のお問い合わせ・ご相談は、こちらのフォームで お伺いします。
2 不動産の査定
不動産取引の専門家である不動産会社が、売買等の取引のみを目的として不動産の価格などを評価することを、価格査定といいます。 ……続きを読む。
不動産物件を売却する場合、不動産業者に物件の査定をしてもらい、その物件がおよそいくらで売却できるのかを確認しておきます。 まずは査定をご依頼ください。
査定の種類と特徴
査定には、現地や役所などに出向いて詳細に法規や権利関係を調査の後、査定する現地査定と、主に机上で登記事項や周辺の物件の動向を元に調査をして査定する簡易査定があります。いずれも当社は無料で査定いたします。 ……続きを読む。
仲介における価格査定は、売り出し価格決定などの参考情報として活用され、取引事例等の客観的なデータを用いるなどの合理的な手法で行われます。
査定の方法には、机上査定(簡易査定)と、現地査定(詳細査定)があります。
机上査定(簡易査定)
周辺の取引事例や公的な価格情報等のデータから算出した簡便な査定。
売却検討の初期段階でおおむねの相場を把握するために利用されることが多い。
現地査定(詳細査定)
実際に物件の状態(土地の地形、形状、接道状況、日当たり、周辺施設、建物の傷み具合など)を細かく確認するとともに、法務局や行政庁などで、登記記録(登記簿)、物件に対する法規制、上下水等のインフラの整備状況なども調査した上で行われる詳細な査定。
売り出し価格の設定時などにおいて利用されます。
買取の場合は、現地査定価格から建物に必要なリフォームや建物の再生にかかる諸費用、買い手を探す費用などを見積もって買取価格を決定します。
査定のご依頼
不動産の査定は、こちらの土地建物無料査定フォームで ご依頼ください。
3 買取価格の提示
まずは、査定の根拠を示して、査定価格のご説明をいたします。不動産はそれぞれに個性を持ち、査定価格が即、買取価格とはなりません。
不動産についての確認
売却が決まりましたら、売却の不動産について、いくつかご確認させていただきます。
……続きを読む。
売却理由について
売主さんだけが知り得る物件についての情報
相続登記、抵当権の設定、境界確定など売却に障害となる事柄について
物件の状況や付帯設備について分かる範囲でお知らせください。
権利関係の確認
物件の権利関係は、売却の手続きや手順に影響しますので、事前に確認しておきます。 ……続きを読む。
不動産に関する主な権利には、所有権、借地権、区分所有権、抵当権などがあり、確認資料として、登記記録(登記簿)や購入時の重要事項説明書、建築関係書類などが挙げられます。
物件の権利関係については、法務局の登記記録で調べることができます。登記記録の「甲区」には所有権に関する事項が記載され、「乙区」には所有権以外の権利に関する事項が記載されています。
例えば、所有権が共有名義であれば、一体で売却するには共有者全員の合意が必要ですし、一戸建ての土地が賃借権なら売却に当たって地主の承諾が必要となります。また、抵当権や差し押さえなど、不動産の売却に債権者との調整が必要な権利もあります。 さらに、一戸建てで増築したことがある場合は、床面積の変更登記がなされているかなども確認が必要です。
※借地権:建物の所有を目的とする地上権または土地の賃借権など
※区分所有権:構造上区分され各独立した住居や店舗など、1 棟の建物の各部分の所有権
土地の境界線の確認
土地を売買する場合、土地の境界線を明確にする必要があります。登記記録や公図などの書面上は元より、現地でも明らかにする必要があります。 ……続きを読む。
現地では、境界を示す目印(境界標)で確認します。
ただし、境界標がない場合は、土地の実測作業を行った上で、隣地所有者と協議をして境界確認書を交わすなどの手続きを踏む必要もあります。境界が不明確な場合は、後で境界紛争の元になる可能性がありますので、事前に確認が必要です。
瑕疵や老朽化への対処
瑕疵とは、雨漏りや建物の傾き、設備の故障などの物件の欠陥などのことをいいます。物件にこのような瑕疵がある場合、瑕疵の内容を明確にした上で売却する必要があります。 ……続きを読む。
例えば、雨漏りなどの修復可能な瑕疵であれば、修復費用に相当する額を査定価格から差し引きます。
物件の老朽化の状況についても瑕疵と同様で、リフォームや建物の再生にかかる諸費用を差し引きます。
買取価格の決定
買取にあたっては、査定価格から建物に必要なリフォームや建物の再生にかかる諸費用、買い手を探す費用などを見積もって買取価格を決定します。 ……続きを読む。
物件に住宅ローンの残債がある場合には、その返済資金のほかに、抵当権を抹消するための費用も必要になります。
また、物件や売却方法などによって、売却時に必要となる諸費用の額は異なりますし、税金に関しては、マイホームの売却の場合の特例などがあります。
さらに、古屋付きの土地を売却する場合、古屋の解体費用分を減額するか、そのまま中古住宅として売却するかによっても違いが出ます。そのまま中古住宅として売却できれば、解体費用分が浮くので大きな金額の差になります。
また、昨今の様なデフレの時代には土地を小さくした方が売り易くなる場合があります。
こうした様々な点をご相談しながら、買取価格を決定していきます。
4 売買契約の締結
売主、買主が立ち会って契約を行います。 手付金を受領し、残金の精算や引渡しの打ち合わせを行います。
売買契約
契約条件について買主・売主双方が合意したら、売買契約を締結します。 いったん契約を締結すると、簡単に解除することはできませんので、事前に契約内容を十分に確認することが重要です。 ……続きを読む。
売主と買主との契約は、法令に違反したり、公序良俗に反したりするなどの問題がない限りは自由です。 契約に定めがない事項については、民法その他の関係法令に従い、協議の上で決定することとなります。 したがって、重要な契約条件が不明確であると、契約後のトラブルにつながってしまいますので注意しましょう。
手付金
不動産売買契約では、契約締結時に「手付金」と呼ばれる金銭を、買主が売主に支払うことが一般的です。 ……続きを読む。
不動産売買契約では、一般的に手付金は「解約手付」として授受されます。
「解約手付」とは、買主は既に支払った手付金を放棄する(返還を求めない)ことにより、また、売主は既に受けとった手付金の倍額を買主に返すことにより、売買契約を解除することができる手付けをいいます。
解約手金による契約の解除を一般的に「手付解除」といいます。 例えば、契約締結後に事情が大きく変わった場合には、手付金を放棄する、または倍返しすることにより契約を解除することが可能です。 ただし、解約手付による契約の解除ができるのは、「相手方が履行に着手するまで」とされています。 つまり、既に相手方が契約に定められた約束事を実行している場合には、手付解除はできません。
手付解除に当たっては、「相手方が履行に着手しているかどうか」をめぐってトラブルになることも多く、手付解除が可能な期間は、売主と買主双方が解除権をもっているので、契約が実行されるかどうかが不安定な状態となります。 したがって、手付解除ができる期間を「契約日から……日以内」と限定することもあります。
契約の解除
不動産売買のように大きな取引を行う場合は、契約は売主と買主の信頼関係の上に成り立つ大事な約束です。 いったん契約を締結すると、一般的には、一方の都合で簡単に契約を解除することはできません。 ……続きを読む。
契約の解除には、主に以下のようなものがあります。
※ 内容は一般的なものであり、個々の契約で契約の解除に関する取り扱いは異なります。
手付解除
相手方が契約の履行に着手するまでは、手付金の放棄、または倍返しにより契約を解除することができる。
危険負担による解除
天災による物件の滅失等により、契約の目的が達せられない場合など。
瑕疵担保責任に基づく解除
物件に重大な瑕疵(欠陥など)があり、その瑕疵により契約の目的が達せられない場合。
特約による解除
特約の内容に応じて解除することができる。例えば、「ローン特約」の場合なら、買主に落ち度がなくても住宅ローンを受けられなかった場合に契約を解除することができる。
合意による解除
当事者の合意に基づく条件で契約を解除することができる。
瑕疵担保責任
買主となる当社は不動産のプロとして買い取りますので、売主の瑕疵担保責任を免除する形で購入させていただきます。 ……続きを読む。
「雨漏り」や「建物本体の白アリ被害」のような物件の欠陥などを「瑕疵(かし)」といい、買主が知り得なかった瑕疵を「隠れた瑕疵」といいます。 そして、物件の瑕疵に関する売主の責任を「瑕疵担保責任」といいます。
仲介の売買契約では、売主が瑕疵担保責任を負うか否か、負う場合は物件の引渡しからどのくらいの期間、責任を負うのかなどが取り決められますが、当社買取の売買契約では、売主の瑕疵担保責任を免除します。
ただし、瑕疵担保責任を負わない旨の特約をしても、売主が知っていて告げなかった事実については、責任を免れることはできません。
売買契約の項目
売買契約書で確認すべき主なポイントです。これだけではありませんので、疑問点があれば、「完全に納得できるまで」確認するようにしましょう。 ……続きを読む。
売買物件の表示
物件の表示に誤りがないかを確認します。 一般的には、登記記録(登記簿)に基づいて契約書に表示されます。 売買対象となる物件が明確であることが、売買契約の大前提です。
売買代金、手付金等の額、支払日
売買代金や手付金等の金額と支払日を確認します。 期日までに支払えない場合は、契約違反となる場合もあります。
また、手付金については、その取り扱いを確認します。 手付金がどのような手付け(解約手付、証約手付、違約手付)であるのか、金額は適当か(売買代金の何割程度か)などを確認します。 手付けが解約手付であれば、いつまで手付解除が可能であるかについても確認しましょう。
土地の実測及び土地代金の精算
土地の面積は、登記記録に表示された面積と実際の面積が違うことがあります。 したがって、売主が引渡しまでの間に土地の実測を行うことも多いようです。 実測の結果、登記記録の面積と実測した面積が違う場合は、その面積の差に応じて、売買代金を精算します。(実測をするのみであえて精算しないこともあります。)
一般的に、売買代金の精算は、当初の売買代金と当初の売買面積(登記記録上の面積)に基づく 1 ㎡当たりの単価を用いて行われます。
所有権の移転と引渡し
所有権の移転と引渡しの時期を確認します。 引越しの予定などを踏まえて、問題ないか判断します。 所有権移転と引渡しは代金の支払いと引き換えに行われますが、不動産取引の実務では、代金支払いの場で、所有権移転登記に必要な書類や鍵などを買主に引き渡すことで完了することが多いようです。
付帯設備等の引き継ぎ
中古住宅の場合は、室内の照明やエアコンなどの設備、敷地内の庭木や庭石などの引き継ぎについて明確にしておく必要があります。 このような付帯設備等の引き継ぎをめぐるトラブルは意外と多く発生しますので、契約前に、何を引き継いで、何を撤去するのかを買主との間で十分に調整する必要があります。
また、引き継ぐ設備等が故障していないかなど、その状態も事前に確認しましょう。 契約に当たっては、付帯設備等の一覧表を用いて一つ一つ確認することが多いようです。(このとき用いる一覧表は「物件告知書」「物件状況確認書」などといわれています。)
負担の消除
抵当権や賃借権など、所有権の完全な行使を阻害するような権利は、売主の責任で除いた状態で引き渡します。
公租公課等の精算
不動産売買契約では、固定資産税や都市計画税といった公租公課を売主と買主の間で精算することが一般的です。 その他、管理費などの費用を精算することもあります。
精算は引渡しの日を基準に、日割りで行われることが多いようです。
手付解除
何らかの突発的な事情により契約を解除せざるを得ないときに、手付解除することがありますので、どのような取り決めとなっているか確認します。 もちろん、当事者間の合意で、手付解除を認めない契約としたり、手付解除が可能な期間を限定することも可能です。
手付けの金額は、一般的に売買代金の20%までの範囲で設定することが多いようですが、手付金が少額である場合には、ご自身が解除するときの負担は小さくなる一方、相手に解除されるリスクも高くなります。 逆に、手付金が多額である場合は、ご自身が解除するときの負担は大きくなりますが、相手方に解除されるリスクは低くなります。 手付解除に関しては、手付金の額も併せて確認しましょう。
危険負担(引渡し前の物件の滅失・毀損)
売買契約締結後に、天災で建物が全壊するなど、売主にも買主にも責任のない理由によって、物件が滅失・毀損(きそん)した場合の取り決めです。
不動産売買では、一般的には、売主が物件を修復した上で、物件を引き渡すこととなります。 ただし、物件の修復に過大な費用がかかるとき、または、物件が滅失・毀損したことにより買主が契約の目的を達せられないときは、契約を無条件で解除することができます。 万が一の場合の取り決めですので、しっかりと確認しましょう。
契約違反による解除
契約違反(債務不履行)により契約を解除するときの取り決めです。 売主または買主のいずれかが債務不履行となった場合には、その相手方は契約を解除することができます。
このように契約違反によって解除となった場合には、契約に違反した者が違約金等を支払うことが一般的です。 違約金等はおおむね売買代金の20%までの範囲で設定されることが多いようです。 契約に違反することを前提として売買契約を締結するわけではありませんが、万が一のことがありますので、事前に確認しましょう。
反社会的勢力の排除
不動産取引からの反社会的勢力の排除を目的に、平成23年6月以降順次、反社会的勢力排除の条項が導入されています。
売買契約書の条項の中に「売主及び買主が、暴力団等反社会的勢力ではないこと」「物件を反社会的勢力の事務所その他の活動の拠点に供しないこと」などを確約する条項が盛り込まれています。 これらに反する行為をした場合は、契約を解除することができます。
瑕疵担保(かしたんぽ)責任の免除
当社買取の売買契約では、売主の瑕疵担保責任を免除します。
契約時に必要なもの
契約内容について納得したら、いよいよ売買契約の締結です。 売主と買主が契約書に署名・押印し、手付金等の授受を行います。 ……続きを読む。
手付金等は、現金や指定口座への振り込みのほか、預金小切手で用意する場合もあります。
契約手続きに漏れがあると、売買契約が締結できないことがありますので、しっかりと準備をした上で契約に臨みましょう。
  1. 登記識別情報または登記済証(権利証)
  2. 印鑑証明書
    3か月以内のもの1通
  3. 印鑑(実印)
  4. 固定資産税納付書
  5. 手付金等の領収書
    代金の20%以内が一般的(現金・振り込み・預金小切手など)
  6. 印紙
    売買契約書に貼る。代金が1,000万円超5,000万円以下の場合の印紙代は1万円
  7. 本人確認書類
    運転免許証や各種健康保険証などの公的機関が発行した本人確認書類
5 残金清算・引渡し
残代金の受領と同時に物件(鍵)の引渡しを行い、売買はすべて完了します。 引渡しまでに引越しを済ませ、電気・ガス・水道などの公共料金の精算もしておきます。
引渡しの準備
引渡しまでに各種費用の精算準備、引渡し書類の整備など様々な準備が必要です。専門家へ依頼することもあります。引渡しの準備で不明な点があれば、ご相談ください。 ……続きを読む。
現地確認
原則として引渡しまでに、売主、買主が立ち会って、現地の確認をします。隣地との境界、付帯設備の引き継ぎ、物件の修復が契約条件になっているときはその確認など、契約で約束した事項について、引渡し後にトラブルが発生しないように確認してください。
引越し
引渡しまでに退去を済ませるのが原則です。什器・備品等の付帯設備の引渡し条件を確認した上で、買主に物件を確実に引き渡せるよう準備をします。
特に、賃貸中で賃借人の退去が条件となっている場合は、賃借人や管理会社と十分に調整した上で、確実に引渡しができるようにしましょう。 賃借人の退去をめぐって引渡しが遅れることもありますので十分な注意が必要です。
その他
・ 公租公課(固定資産税や都市計画税)の精算
・ 公共料金(ガス・水道・電気等)や管理費などの精算
・ 買主へ引き渡す書類(建築関係書類、実測図や境界確認書等)や鍵の整理
登記の準備
一般的に登記申請は司法書士に委任しますので、司法書士や不動産会社に必要書類を確認して、漏れのないよう準備します。 ……続きを読む。
この準備を怠ると、契約書で約束した期日に所有権移転登記ができませんので、十分に注意してください。
所有権移転登記の準備
登記記録(登記簿)の住所と現住所が違うなど、登記記録に記載された内容と事実が異なる場合や、登記識別情報または登記済証(権利証)を紛失してしまった場合などは、所有権移転登記に特別な手続きが必要となります。これらの手続きには時間がかかることもありますので、極力早く準備することが大切です。
抵当権抹消の準備
売却物件に抵当権が設定されている場合は、ローンを借りている金融機関に残債額の確認をして、ローンの全額返済と抵当権抹消のための準備を進めます。特に、抵当権抹消にかかる金融機関のスケジュールと引渡しのスケジュールを調整することが重要です。
引渡しの手順
一般的に、売主による所有権の移転と物件の引渡し義務と、買主による残代金を支払う義務は同時に履行します。 ……続きを読む。
残代金の決済と所有権移転登記
まず、買主から売主へ、残代金を支払います。
残代金を受け取ったら、売主は買主に対して残代金の領収書と所有権移転登記に必要な書類一式を引き渡します。
一般的には、司法書士が所有権移転登記を申請します。売却物件に抵当権が設定されている場合は、抵当権抹消の登記も同時に申請します。この場合、登記費用は司法書士に支払います。
公租公課等の精算
公租公課(固定資産税と都市計画税)、管理費などについては、引渡し日の前日までを売主の負担、引渡し日以降を買主の負担として、日割り精算するのが一般的です。
買主から精算金を受け取ったら領収書を受け渡します。
必要書類等の引渡し
実測図や建築関係書類、物件の鍵、付帯設備の保証書・取り扱い説明書、その他の書類等を売主から買主へ引き渡します。
必要書類等の引渡しと引換えに「引渡し確認書」などを受け取ることも多いようです。
確定申告
翌年の春に、所轄の税務署で不動産譲渡所得税の確定申告を行う必要があります。申告期間は原則として2月16日~3月15日です。 ……続きを読む。
売却した不動産を取得した当時の契約書や領収書などは、他人に譲り渡したからといって捨てないでください。 譲渡所得(不動産売却時に得た所得)に対する税金は、不動産の金額が大きいだけに高額です。
申告時には、当社が提携している税理士と事前に相談していただくなど、最後まで安心いただけるようお手伝いさせていただきます。
不動産の売却によって得た譲渡益については、譲渡所得として所得税と住民税が課税されます。
ただし、マイホームのような居住用財産の場合は様々な特例や控除があります。主なものは、3,000万円の特別控除、買い換えの特例、マイホームを売却した場合の軽減税率の特例などです。それぞれの特例には適用要件があり、重ねて利用できるものと選択が必要なものがあります。適用に当たっては詳細な検討を要することがあるため、最終的には税務署や税理士に相談しましょう。


年末年始休業日のお知らせ

休業日: 12月28日(金)~1月7日(月)

1月8日(火)より営業いたします。

お知らせ
2019.2.14

こちらの会社は長野市エリアを中心とした不動産情報を取り扱っています。戸建住宅やマンションだけでなく、事務所や別荘物件も見ることができます。 不動産物件の無料査定も行っているので、物件の売却を検討している場合は問い合わせてみると良いでしょう。

2019.2.6

長野市で土地買取を検討されている方にお勧めの不動産屋です。 長年にわたり培った知識と情報力で、土地や不動産に正当な値をつけ、買取してくれます。 プロによる誠実査定のため、安心して依頼できることでしょう。

2019.1.30

長野市で不要になった土地を処分する為には、土地売却という選択肢があります。 買取価格はお店によって異なりますが、知識が豊富なお店は高めな傾向があります。 あなたに大切な財産、誠実に査定させていただきます。

2019.1.24

長野市には不動産査定に長けているアセット50があります。 こちらでは、土地やマンション、戸建て、倉庫、事務所などを紹介しています。 また、不動産の売却相談や土地査定なども得意としております。

2019.1.16

物件の築年数や大小は問いません。 長野市周辺で不要になった土地や不動産売却をお考えの方、信頼と実績のアセット50までご相談くださいませ。 誠心誠意の対応をお約束いたします。

2019.1.10

長野市の不動産では家事や育児が楽しくなる家の紹介をしてくれます。 新築で家を建てたい人や物件を売りたい人、賃貸物件を探している人など不動産に対して総合的に対応しています。

2018.12.19

土地を選ぶ際には一般的には余りじっくりと検討出来ることはありません。 多くの不動産屋は出来るだけ回転を速くしたいと考え、検討期限を設けるのが一般的です。 この長野市の不動産屋では、期限を決めずにじっくりと選べるので良い土地が選べます。

2018.12.13

長野市にある土地を売却するときは、実力のあるスタッフが働いているところを選択しましょう。 今までたくさん経験を積んだ人が働いている場合、安心して不動産売却を任せることができます。

2018.12.5

長野市で不動産買取するときにはその土地の魅力を味わうだけでなく、健康住宅の良さも感じながら暮らすと良いです。 体を思いやって暮らしていくことで、家族とのきずなも深まっていきます。

2018.11.28

当店は、独自の価格相場情報を基に、専門スタッフによる誠実な査定、適正な価格で買取を行っております。 きちんとした査定額で長野市の不動産を売却したい方、ぜひ一度お問い合わせ下さい。

2018.11.21

長野で土地の売買に関して相談したい方は地域密着型の経営をしているこの不動産会社を訪れると良いでしょう。 予算や要望に合った物件を選んで紹介してくれるので安心して話ができます。

2018.11.15

長野市の土地買取や不動産査定のことを考えて、アセット50を利用した次第です。 相談すると優しく親切に話を聞いてくれます。 こちらの要望も聞いてくれるので助かります。 節税対策にもなりますのでお早目のご相談をおすすめします。

2018.11.7

長野市は四季折々の自然豊かな町でもあります。 長野市で土地の販売や購入を考えた時には、地域密着型で幅広い情報を取り扱っている不動産屋に相談することがポイントになります。

2018.10.31

不動産を売却する場合、たいていは専門の業者に相談に行きます。 長野市でも専門業者が売却したいと希望する方の相談に応じています。 売却する手順なども詳しく説明してもらえるので、一度問い合わせてみるといいでしょう。

2018.10.24

長野市で不動産売買や土地活用を検討されている方におすすめなのがアセット50です。 長野は日本有数の別荘地として歴史があります。 美しい自然とともに贅沢な時間を過ごしてみませんか。 リゾート物件や田舎暮らしをするための不動産をお探しの方にもおすすめです。

2018.10.16

お住まいの家が古くなってきたら、長野市で不動産査定を行ってみてはいかがでしょうか。 スタッフは専門知識を持っている者が多いので話しやすいと評判です。 お家に関するご相談もしっかりお伺いいたします。

2018.10.11

長野市で不動産売却を検討中の方には、株式会社アセット50への相談がお勧めです。 アセット50ではさまざまな情報提供を行っており、初めて売却を行う方も安心して手続きを進めることが出来るでしょう。

2018.10.3

長野市および周辺で土地売却をお考えの方には、まずはアセット50への連絡がお勧めです。 地域密着型の不動産業者として、利用されるお客様の側に立った親身なサポートが高い評価を得ています。

2018.9.26

最近気になる土地を長野市で見つけたので、土地買取を行った次第です。 アセット50の方は話しやすい雰囲気を作ってくださります。 要望も聞いてくれたので助かっています。

2018.9.19

長野の不動産売却ならアセット50にご相談ください。 不動産のもつ個性や性格を的確に把握して販売計画をご提案いたします。 費用のこと、税金や相続などについてもご相談ください。

2018.9.13

長野市での不動産売買から土地活用まで地元で長年の実績があるアセット50にお任せください。 土地、住宅、マンション、リゾート物件など取り扱い数はピカイチです。

2018.9.6

不動産売却を依頼するさいには信頼できる不動産業者を選ぶようにしましょう。 アセット50なら地元長野に密着した不動産会社ならではの、地域性にのっとった的確な審査で、スピーディーに対応いたします。"

2018.8.29

長野市での不動産売却を成功させるには、経験と情報を豊富に持っている不動産会社に依頼をすると良いでしょう。 アセット50には確かな実績がありますので、信頼して任せることができます。

2018.8.22

アセット50は、長野市で不動産を扱って長い不動産屋です。 新築から中古住宅まで幅広く取り揃えているため、長野エリアで購入や売買を検討している方は是非一度当社までご相談ください。

2018.8.9

長野市内の一戸建てやマンションを売るときには、不動産売却の実績あるアセット50がおすすめです。 適切な査定金額を提示する業者であれば、スムーズに買い手も見つかりやすくなります。

2018.8.1

長野市で不動産査定をお考えならアセット50はお勧めです。 新築、中古のおすすめ物件をサイトで紹介しています。 また、長野県の北信地方限定で無料査定サービスや不動産の購入、売却に関するお問い合わせも受付中です。

2018.7.25

長野エリアの不動産(マンション・一戸建て住宅・土地)の不動産売却査定のことなら、地域に密着した実績豊富なアセット50にお任せください。 収益不動産から事業用不動産までなんでもご相談ください。

2018.7.19

長野市で不動産の売買や土地活用のご相談をするならアセット50まで。 リゾート物件や田舎暮らしをするための不動産や投資物件も多数ご紹介可能です。

2018.7.11

長野市で不動産売却をするなら、地元の情報に通じた アセット50をまず当たってみましょう。 長野市にある不動産会社で、売買や仲介、管理などをおこなっています。

2018.7.4

中古住宅や土地の仲介はもちろん、賃貸住宅や事業用物件の仲介、住まいのリノベーションや宅地開発まで幅広く手がける長野の不動産会社です。 物件の無料査定、買取を実施していますので、お気軽にご相談ください。

2018.6.27

長野市の土地買取や土地売却に役立つ相場情報など宅地の情報が盛りだくさん。 初めて不動産の購入をお考えの方もお気軽にご相談下さい。 実績ある当社が地域に密着した不動産情報を提供いたします。

2018.6.20

現在お住まいの住宅、マンションや土地など、不動産の売却を検討されていらっしゃる方、当社では、長野市の物件の無料査定、買取を実施しています。 規模は問いません。 お気軽にお問い合わせください。

2018.6.13

長野市で不動産買取をするときには、不動産会社の物件情報を丹念にチェックするのがポイントです。 またローンを借りるときには、マネープランをしっかりと立てるべきです。 そして物件を購入するときには、資料を取り寄せたうえで、十分に現地を見学するのが理想的です。

2018.6.7

不動産売却するにあたり、土地や建物の市場価格を把握しておくことが大切になります。売却する土地や建物がいくらぐらいの値段で取り引きされているのかを知らないと、適正価格で売却することができないからです。長野市の不動産販売・買取・売却はアセット50がおすすめです。

2018.5.30

土地・建物・新築・戸建・マンション・収益物件をお考えの方、長野の不動産なら、アセット50にお任せください。スピード査定でスピード売却。土地買取のご相談も承ります!

2018.5.24

不動産を売却する際には、まずは査定を行います。土地と建物、それぞれ査定のポイントはありますが、当店では長年の経験によって正確な価格を算出します。長野、長野市で不動産売却をお考えの方、アセット50までご相談ください。

2018.5.17

長野市で土地を持っている、あるいは探している方にはぜひ地元で相談できる不動産会社がおすすめです。長野市をよく知り尽くしたスタッフに任せれば安心感が違います。

2018.5.10

長野市の土地のことなら、アセット50にお気軽にご相談ください。土地を売却したいとお考えの方、増税前の今がチャンスです。無料査定もぜひご利用ください。

2018.4.26

長野市に密着した不動産の各種のサービスを手掛けているアセット50では長野市での不動産査定も行っています。お客様の目線にたった丁寧できめの細かい対応を心掛けていますので、ぜひご用命ください。

2018.4.19

長野市にあるアセット50では不動産売却の際に、下取り価格や下取り時期に条件を付けて不動産売却をお受けしています。アセット50のホームページ内に不動産売却に関する簡単な説明も行っているので、長野市で不動産売却をお考えの方はぜひご覧ください。

2018.4.12

アセット50は長野市に密着して土地の買い取りを行っています。アセット50では長野市での土地買い取りのほかにも、マンションや戸建てなどの各種の不動産についても取り扱っています。土地を売却するのにはいくつかの手段がありますが、最も堅実なのは不動産業者や建築業者に下取りをしてもらうことです。長野市のアセット50では土地売却にも対応しています。長野市で土地を売却したい方はお気軽にお問い合わせください。

2018.4.5

アセット50は長野市に密着して土地の買い取りを行っています。アセット50では長野市での土地買い取りのほかにも、マンションや戸建てなどの各種の不動産についても取り扱っています。お気軽にお問い合わせください。

2018.3.29

長野市で不動産査定をしてもらう場合でも、他の地域と同様に複数業者へ査定を依頼するのが良いです。その理由は、査定額が異なるため高く買取りをしてくれる業者を比較して見つけられるからです。

2018.3.22

長野市の不動産査定をしてもらう場合、地元と大手の会社など複数の会社の査定を受けることが高く売るためには重要です。 少しでも高く買ってもらいたい場合には、しっかりと比較してもらうことがお勧めです。

2018.3.15

長野市には不動産売却を専門にしている会社が多く存在していて、誰でも気軽に相談できる環境となっています。 利益を適切な形で確保して不動産売却を実現するためには、良い条件を提示する会社を見つけましょう。

2018.3.8

長野市で不動産査定をしてもらう場合でも、他の地域と同様に複数業者へ査定を依頼するのが良いです。 その理由は、査定額が異なるため高く買取りをしてくれる業者を比較して見つけられるからです。

2018.2.28

例えば、長野市で土地を手放したい時は、長野市周辺の土地を中心に扱っている業者に売却しましょう。 地域密着のアセット50ならお客様の、不動産活用から土地活用までをトータルサポート致します。

2018.2.22

長野県内にある不要な土地は、土地売却で購入したい人に売却しましょう。場合によっては、思わぬ高値で土地が売れることもあります。

2018.2.15

長野市で土地買取をしたい場合に役立つのが株式会社アセット50です。ここは、長野市の土地・建物の売買から土地活用を扱っています。おすすめの物件の紹介も行っています。

2018.2.7

長野市土地買取のアセット50は、長年の経験と実績を基に、実勢価格と物件の市場性を的確に判断し、誠実な査定を心がけております。

2018.2.1

長野市で不動産査定をしてもらう場合でも、他の地域と同様に複数業者へ査定を依頼するのが良いです。 その理由は、査定額が異なるため高く買取りをしてくれる業者を比較して見つけられるからです。

2018.1.25

長野市で不動産売却したいと考えている場合には、地元に密着しており、地域情報に詳しい、不動産業者に不動産査定を依頼するようにしましょう。

2018.1.18

長野市で不動産売却を行うには、不動産物件を紹介しているサイトで検討するのが良いです。 いろんな物件が掲載されているので相場も分かりやすくなっています。 自分の持っている不動産の価値も比較できます。

2018.1.11

長野市で不動産査定をお考えであれば、やはり地元の会社が安心です。 地元の企業ならではの、地域性にのっとった的確な審査で、迅速丁寧に対応しています。

2017.12.20

長野市は近年ではテレビ番組などで農業について取り上げられる機会が多く、居住を希望する話が頻繁に出ているエリアとなっております。 その為に農業用地の土地売却事案が多く発生しています。

2017.12.13

長野市にお住まいの方で、土地買取りをしてくれるところを探しているならアセット50にお願いしましょう。 ここには親切なスタッフがたくさんいるため、わからないことがあったら気軽に相談に乗ってくれます。

2017.12.7

長野の土地を買いたい、売りたい、土地活用に困っている そんなお悩みをお持ちではありませんか。 アセット50までお気軽にご相談ください。

2017.11.29

〔不動産売却〕失敗しない不動産売却のために、長野のアセット50では税金対策など、きめ細やかにサポートさせていただきます。 査定には<1.現地や役所に出向き法規や権利関係を調査後査定><2.机上で登記事項や周辺物件の動向を元に調査し査定>の二種類がありますが、どちらも無料で承っております。 まずは査定ご依頼下さい。

2017.11.22

長野市に限らず、不動産査定を依頼するときには、必ず複数の不動産会社に見積りを提出してもらうようにしましょう。 不動産を売却する際の査定額は、会社によって大きく差が出るからです。 そして、提出してもらった見積もりを比較して、依頼先を一社に絞ります。

2017.11.16

長野に限らず不動産売却をお考えのさいに、一か所だけの業者に相談をすることは、 不動産の相場を理解しにくいため、おすすめできません。

2017.11.9

長野市で不動産売却をしようと考えている方には、 まずは複数の不動産業者に査定見積もりを依頼すると良いでしょう。

2017.11.2

長野のアセット50では、鉄筋コンクリート造りの物件はもちろん、 土地売却にまで携わっているため、不動産全般の疑問や悩み事に応えることができます。

2017.10.26

長野で不動産売却をお考えなら、地元で実績のある不動産会社に相談するべきでしょう。 この方が相場を理解しやすいですし、より高額で買取りしてくれる業者を見つけられます。

2017.10.19

長野市で土地売却を検討されている方にお勧めしたいのが、複数の業者に査定を依頼することです。 複数の業者の査定結果を見ることにより適正な価格がはっきりするからです。

2017.10.12

長野市で土地買取りをしてもらいたい方は、地元の不動産会社に相談してはいかがでしょう。 地元ならではの需要と供給、流通などをしっかりと把握しているので、満足のいく結果を生むことでしょう。

2017.10.5

長野市で土地をお探しなら株式会社アセット50にお任せあれ。 長野のさまざまなエリアから探すことができるので、お望みの土地が高確率で見つかります。

2017.9.28

アセット50は、長野市や千曲市、そしてその周辺の地域を営業エリアとして、 不動産査定や土地建物の売買、土地活用などに至るまで、幅広い業務を展開しています。 自分の所有する土地や建物の査定額についても、気軽に相談ができます。

2017.9.21

長野の当社では経験豊富なスタッフによる、 実勢価格と市場性を判断した査定価格で、安心して不動産売却を依頼することができます。

2017.9.13

長野市で不動産売却を行うには、不動産会社に依頼すると良いです。 ここは様々な物件を扱っており、値段や立地場所など詳しく公開しているのが特徴です。 不動産売却に役立つでしょう。

2017.9.7

長野でお手持ちの不動産売却を考えているが、 どうすればいいかわからないという方はまず不動産を取り扱う当社に相談しましょう。

2017.8.31

長野で不動産売却をお考えの方、まずは私たちアセット50へご相談ください。 当店では長年の経験によって正確な価格を算出します。 費用のこと、税金や相続などについてもお気軽にご相談ください。

2017.8.24

長野市の土地売却のおすすめは不動産業界にアドバイスをしてもらうのが魅力的です。 さらに、遺産相続のために生前贈与を利用して相続をスムーズに行うために土地の売却は重要な項目になります。

2017.8.9

長野で不動産や土地を売りたい。 そういう場合には不動産会社に依頼することになります。 長野市で土地買取を行っている業者がありますので、依頼すると良いでしょう。

2017.8.3

土地を持っているが、売りたいといったケースがあると思います。 長野の土地売却はアセット50までご相談ください。

2017.7.26

株式会社アセット50は長野市周辺で不動産査定や土地や建物の売買を行っている会社です。 ホームページには基本的な不動産情報を入力するだけで、だいたいの査定価格が表示されるようになっています。

2017.7.19

長野市で不動産売却をするなら、アセット50のサイトで3秒査定をしてみるのがおすすめです。 物件の種別や郵便番号、住所などを入力してボタンを押せば、あっという間におおよその査定額が分かってしまいます。

2017.7.12

アセット50では長野市を中心として不動産取引や土地売却を取り扱っています。 この地域の様々な情報がここに集まってくるのでどのスタッフの方もとても詳しくて頼りになります。

2017.7.5

長野市の土地買取の事でお悩みの方は一度、株式会社アセット50までご相談されるのが良いでしょう。 おススメポイントとしては、その土地専門で営業されているので知識も豊富で他の業者よりも安心してお任せできます。

2017.6.29

長野市で不動産査定をお考えならアセット50までどうぞ。 新築、中古のおすすめ物件をサイトで紹介しています。 また、長野県の北信地方限定で無料査定サービスや不動産の購入、売却に関するお問い合わせも受付中です。

2017.6.22

できるだけ高く長野市にある物件を売却したい時は、不動産屋を利用した仲介を行いましょう。 これは買い取りよりも高く売却できるサービスであって、購入者との交渉で不動産売却価格を操作できるのです。

2017.6.14

長野市で別荘地などの土地売却を考えている人は、ある程度、観光地に近い場所のほうが高値で売ることができるでしょう。 ある程度、敷地面積が広い方が、余裕をもって自由な設計で別荘を作れるので喜ばれます。

2017.6.7

長野市での土地買取の依頼を検討しているのであれば、大手企業よりも地域の状況を把握している不動産会社がおすすめです。 地域ならではの情報に詳しく、丁寧に相談に乗ってくれるでしょう。

2017.5.31

長野市で所有している不動産の価値を知りたい、売却したいと考えている場合には、地元に密着しており、地域情報に詳しい、不動産業者に不動産査定を依頼するのがおすすめです。

2017.5.24

長野市で不動産売却をするときは、複数の不動産屋さんに査定依頼をすれば、より高い値段を査定してくれるところに売却できます。 建物の査定は無料でしてくれるので、気軽に査定してもらいましょう。

2017.5.17

長野市で土地売却を行うときに、大切なのは業者の選び方です。 査定額や手数料などがそれぞれに異なっていますので、しっかりと見比べて自分に有利なところを見つける必要があります。

2017.5.10

長野市周辺で土地買取を依頼するなら、地域の状況を熟知した不動産業者を選んだ方がいいでしょう。 全国規模の大手業者もありますが、土地の売買などはすぐ近くでいつでも相談に応じてくれる方が何かと安心です。

2017.4.26

長野市で不動産査定など、不動産に関わる取り引きの必要があれば、地元の会社がおすすめです。 地元の企業ならではの、地域性にのっとった的確な審査で、スピーディーに対応しています。

2017.4.19

長野市で不動産売却を依頼する場合には、信頼できる不動産業者を選ぶ必要があります。 自分のところに依頼してもらいたいがために、高い見積もり額を提示するところもあるので、注意するようにしましょう。

2017.4.12

長野市で土地売却を行う理由には様々なことがあげられます。 親から受け継いだ実家があるけれども、古い建物で価値もなく、住む予定もないために、 建物を解体し、土地だけを売却するということも考えられます。

2017.4.5

長野市には地域密着型の信頼できる不動産さんがあります。 土地買取についても、気軽に相談に乗ってくれるので問い合わせをしてみるとよいです。 日当たりがよくて立地条件の良い物件を多数取り揃えています。

2017.3.29

長野市で土地や建物などの不動産の売却を考えている方は、まず不動産査定を行うべきです。 不動産査定で、価値をしっかり把握することで、その後の不動産売却もスムーズにできます。

2017.3.22

長野市内で自宅などを売りたいときには、不動産売却に強い地元業者に相談するのがポイントです。 正確に査定をしてくれる業者を活用することで、スムーズに買い手を見つけることができます。

2017.3.15

長野市は住みやすい気候から住宅地としての需要も高い土地です。 長野市で土地売却をお考えなら信頼のおける業者に依頼するのが一番です。 経験と実績を持った専門家があなたの要望にこたえます。

2017.3.8

土地買取業者を長野市内で探すときには、複数の業者の査定金額を比べることが重要です。 また支払い方法や引き渡し時期についても相談することが、スムーズに売却を進めるためには必要です。

2017.3.1

長野市で所有している重要な物件を不動産査定する場合、地域密着型で精通している業者を選ぶことが必要です。 取引には、諸手続きなど、複雑な内容もあるので、宅建協会加盟店に加盟している業者を選ぶと得策です。

2017.2.22

お手持ちの不動産売却を考えているが、どうすればいいかわからないという方は まず不動産を取り扱う企業に相談しましょう。 長野市にはそんなお客様の要望に沿って不動産売却を手伝ってくれる企業があります。

2017.2.15

株式会社アセット50では、長野市近郊の不動産を生かす企業として知られています。 鉄筋コンクリート造りの物件はもちろん、土地売却にまで携わっているため、不動産全般の疑問や悩み事に応えることができます。 なお、契約時の重要事項については分かりやすく説明するため、売買契約がスムーズに済ますことができるのも当社のメリットです。

2017.2.8

土地買取と一言に言っても、その土地に関する知識だけでなく、法や税制に関する知識も必要になってきます。 長野市で土地買取を検討されているのなら、専門性の高い不動産業者に問い合わせてみましょう。

2017.2.1

不動産査定は素人には難しいものですが、不動産屋に行って聞く前におよその価値くらいは知っておきたいものです。 売却の相談をする前に長野市周辺なら3秒でわかる不動産査定を活用すると話の進め方の準備ができます。

2017.1.25

長野市の不動産売却をするなら、頼れる地元業者に相談しましょう。 土地を売却するときには、ご近所トラブルなど心配なことがたくさん出てきます。 地元に密着している業者なら、トラブルを避け長野市の不動産売却ができます。

2017.1.18

長野市で土地を持っている、あるいは探している方にはぜひ地元で相談できる不動産会社がおすすめです。 長野市をよく知り尽くしたスタッフに任せれば理想の土地活用の形を提供してくれます。

2017.1.11

長野市で土地を持っている、あるいは探している方にはぜひ地元で相談できる不動産会社がおすすめです。 長野市をよく知り尽くしたスタッフに任せれば理想の土地活用の形を提供してくれます。

2016.12.21

長野での不動産の売買を成功させるには、どのようにすればいいでしょうか。 売り買いをするには必ず、仲介業者の利用が必要となります。 法律にそった契約書を交わす必要があるからです。

2016.12.15

長野市で土地を購入する方法は、不動産業者からの情報を注視することです。 なぜならば、人気物件はすぐに買い手がついてしまうからです。 情報は見逃さないようにすることが求められています。

2016.12.8

長野市や長野市周辺の不動産を探すなら、取り扱い物件が豊富で、 確かな実績に裏付けされた業者さんがお勧めです。 不動産売却は金額が大きく、最も信頼がおける業者さんを選びましょう。

2016.12.1

長野県は、自然が豊かで家族が生活するのには適した環境があります。 この地域で不動産を探すなら、土着の不動産業者に相談をすることをお勧めします。 多くの物件を紹介してもらえます。

2016.11.25

長野県で戸建ての購入をご検討中なら、複数の不動産取扱店にご相談されることをお勧めします。 希望する地域やアクセス・周辺環境など、いろいろな条件があると思います。 見た目ではわからない地盤の強度や、標高なども調べておきましょう。

2016.11.16

長野市に土地をお持ちの方は、いろいろな活用方法がありますから、遊休地にしないで考えてみましょう。 自分で駐車場などを経営するのが大変なら、不動産業者に相談してみるのも良いでしょう。 ソーラーパネルを置くとか、電気自動車用の充電器を置くとか、土地の活用法はいろいろあるので、柔軟に考えてみましょう。

2016.11.10

長野市で、不動産についてなんでも相談できる会社です。 経験豊富なスタッフによる、実勢価格と市場性を判断した査定価格で、 安心して不動産売却を依頼することができます。

2016.11.2

不動産を購入する際には、きちんと資金計画を立ててから売買契約をしましょう。 契約に際しては、難しい手順などもたくさんあり、長いお付き合いになるであろう不動産屋さんは、信頼のおけるところを選びましょう。 自然豊かな長野県にも業者はたくさんあります。 人生のうちでも数回しかしないような契約ですから、念には念を入れて、たくさんの業者に問い合わせることをお勧めします。

2016.10.26

長野は非常に人気のあるエリアですから、不動産購入の際には情報集めが最も重要です。 株式会社アセット50には最新の物件情報があります。 長野の不動産を買うなら株式会社アセット50を利用しましょう。

2016.10.20

長野市で土地を探す際には、取扱い数の豊富な不動産会社を利用するのがポイントです。 また、対応面に優れた業者の場合、様々なアドバイスが受けられるため、安心して土地を探せます。 なお、問い合わせによって詳細な情報を把握できる他、現地の見学も可能です。

2016.10.12

長野市で相続などにより、親御さんが今まで住んでいた不動産を引き継ぐときにもご利用いただいております。 万一、ご自分は県外にお住まいの場合に不動産売却をする時には、地元密着の信頼のおける不動産店を選ぶようにしましょう。

2016.10.6

自然いっぱいに溢れている長野では住みやすく、不動産での家探しも楽しいです。 中でも地域に根ざしたスタッフも在籍していることから住む前からその土地について詳しく知ることができます。

2016.9.29

一軒家であれマンションであれ、不動産の購入には多額の費用がかかりますから、慎重に選びたいものです。 では、長野で優良物件を手に入れたいなら、どこに行けば良いでしょうか。 それは、「株式会社アセット50」でしょう。近年、人気にある太陽光発電付きの物件を含め、数多くの優良な不動産情報を有しています。 それで、長野の方でしたら、「アセット50」に一度、問い合わせてはいかがでしょうか。

2016.9.21

長野県は自然豊かな場所で、山に囲まれた街が多いです。 交通のアクセスはそこまで良くないですが、長野市や松本市などの都市は比較的アクセスは良いです。 土地も比較的安く、不動産も狙い目です。

2016.9.15

不動産の売買には多額のお金が動きますから、信頼の置ける会社を通して行いたいものです。 では、長野市で不動産売却をしたいなら、どこに問い合わせると良いでしょうか。 それは、「株式会社アセット50」でしょう。 地元に密着しており、長野市やその近辺の不動産情報に通じていますので、 安心してお任せすることが出来ます。 それで、不動産売却をお考えなら、一度、「アセット50」に足を運ばれてはいかがでしょうか。

2016.9.8

長野市、千曲市、須坂市、中野市やその周辺エリアの不動産については「アセット 50」に相談してみてはいかがでしょうか。資金計画から不動産の購入までトータルで 任せることのできる業者です。

2016.8.31

長野県で不動産の事についてお悩みなら、こちらに相談することをおすすめします。 こちらでは新古関係なく不動産のことについてなら何でも相談に乗ってくれますし、 査定についても無料で行ってくれますので安心です。

2016.8.25

長野市で不動産を売買したい人、土地活用をしたい人におすすめなのが「株式会社アセット50」です。リゾート物件や田舎暮らしをするための不動産をお求めの方にもおすすめです。

2016.8.5

デフレと言われて10年以上経ちます。この間、長野県の不動産価格も下落を続けました。しかし長野県の中でも軽井沢町の地価は近年堅調に推移しています。
これは円安により、別荘地として良質な環境を求める外国人の需要が高まっているからです。別荘地やリゾートマンションは価値が変動しやすく、
購入にあたっては大きなリスクとなりますが、世界的にも高い評価のある軽井沢の不動産は所有者に毀損しにくい価値をもたらします。

2016.7.31

長野で不動産売却を成功させるためには、相場を正確に把握することがポイン トです。 その際、専門業者に対して査定依頼を行うことで、手軽に相場を把握できます。
また、手厚いサポートが受けられる業者を選ぶことも不動産売却では重要なポイント となります。

2016.7.31

サイトをリニューアルいたしました。